旬の野菜を選ぶ理由について


旬の野菜で食育を

最近では、野菜を食べられなくなったお子さんが増えてきました。野菜よりも味が分かりやすく、手軽なスナック菓子やハンバーガー、牛丼などのファーストフードなどを口にする機会も増えており、どうしても野菜が苦手になりやすくなってしまっているのです。また、幼いお子さんは、野菜の苦みを感じやすいといった特徴もありますので、どうしても野菜が苦手になりやすくなってしまっているのです。

その為、大人の方でしっかりと野菜をつかった食育を行うということはとても重要になってくるのです。味覚は小さい頃にある程度決まってしまうということもあり、食べないから放置するのではなく、危機感を持って野菜を食べてもらうようにしましょう。

野菜を使った食育をする場合には、やはり旬の野菜を食べるということがおすすめです。旬の野菜は、やはり味もしっかりとしておりますし、栄養成分が豊富です。また、お値段もリーズナブルということもあり、非常にコストパフォーマンスが高くなっております。旬の野菜を使ったイベントなどで、お子さんの注意を引くということも重要になります。

例えばお芋ほりや焼き芋、スイカ割り、夏野菜のカレーパーティなど、単に食べるだけでなく、自分達も参加しながら野菜の知識を増やすことで、野菜嫌いを徐々に解消することができます。